私の喘息予防の薬

私の喘息予防の薬

私が今服用している「喘息予防の薬」を紹介します。
ただし、これはあくまで私の場合の「喘息予防の薬」となります。喘息の薬は、担当医と充分に相談する必要があります。

フルタイド200
吸入の喘息治療剤となります。喘息の原因とである炎症を抑えて気道の過敏性を改善し、喘息発作を予防します。

セレベント50
長時間作動型の吸入気管支拡張剤となります。気管支喘息や気管支炎、肺気腫などで狭くなっている気管支を拡げ、呼吸を楽にしてくれます。

テオドール錠
喘息や気管支炎の咳や息苦しさを和らげる薬です。

キプレス錠
気管支喘息の治療剤となります。アレルギーの原因物質の発生を抑え、気道の過敏性や収縮を抑えて気管支喘息を予防します。

以上の、4つが私が服用している「喘息予防の薬」です。

ちなみに、完全に喘息症状になってしまった場合に処方される薬はこんな薬です。これは、つい最近に処方された喘息の薬で、いつも同じとは限りません。

プレドニン錠
副賢皮質ホルモンで、炎症やアレルギー症状を抑える薬です。

クラピッド錠
ニューキノロン系の化学療法薬で感染症を治療する薬です。

ガスターD錠
胃、十二指腸潰瘍、胃炎の治療薬です。

特に上の二つは、医師の指示に従って、ちゃんと飲み切る必要がある薬となります。つまり、短期決戦の薬というわけです。逆に言うと、ダラダラと飲み続けるわけには行かない薬でもあります。それほど、強い薬です。

私の場合、この3つの薬で喘息発作が終息に向かっていく確率が高いです。

何度も言いますが、喘息の薬は担当医と充分に相談して下さい。

次へ→喘息訴訟について
前へ←喘息簡単予防法とは